算数での活用

新学習指導要領では、小学校算数の5年「B図形」において、正多角形の作図を行う学習に関して「正確な繰り返し作業を行う必要があり、更に一部を変えることでいろいろな正多角形を同様に考えることができる場面などで取り扱うこと」と示され、プログラミング体験を使った学習の事例が示されています。これはまさに、SPRK+の良さが発揮される場面です。

まずはBLOCKSの1を使って正方形を作図するプログラムを体験します。ここで児童は正確な繰り返しで正多角形が書けること、このプログラム体験によって正多角形は角度、辺の長さが全て同じだということに気づきます。ここでは繰り返しの回数が、辺の数や頂点の数と一致することに気づかせることが重要です。次に先生から、「じゃあ、五角形を描くプログラムにしてごらん」と問いかけます。これが「一部を変えることでいろいろな正多角形を同様に考えることができる場面」です。辺の数が一つ増えるから繰り返しも一回多くなり、今まで90度回転させていたのが、何度にすればいいかを考えます。思考を助けるためにホワイトボードなどを用意するといいでしょう。

子どもたちはまず五角形を描き、角度を考えていくと外角の存在に気づきます。次に話し合って予想を発表、説明させてから、プログラムを書き換え、実際にSPRK+を動かして確かめます。この様に「正多角形を描くというプログラミングの体験を通して、図形の性質を見出す」ことが、算数のねらいを達成する学びになるわけです。

この学習の発展として、既習の正三角形、これから学ぶ正六角形などを考えさせることもできます。実際にプログラムしてみると、辺の長さが同じだと、頂点が増えるほど大きくなるため、辺を短くしないといけないことに気づきます。これは、SPRK+のようにデバイスの画面でプログラミングして、実際に物(SPRK+)を動かすからこそ実感できることです。また図形を描く際には、ただ動かすだけでなく、絵の具をつけて模造紙の上で動かし図形を描くこともでき、学習者の興味関心を高めます。

まずは、Sphero Eduアプリで、ホーム→プログラム→Spheroの画面のリストにある四角形(Square)のサンプルプログラムを使ってみましょう。下記の画面から、サンプルプログラムが出てきます。試した後は、できたプログラムをMyプログラムに保存することもできます。